妊娠中 ダイエット

妊娠中のダイエットは危険?

妊娠中の女性には体重の増加を気にするあまり、
無理なダイエットを試みてしまう人が少なくありません。

 

 

しかし、妊娠中の過度なダイエットは母体ばかりでなく、
お腹にいる胎児への悪影響も計り知れないものがあります。

 

妊娠中は自分とお腹の赤ちゃん、2人分の栄養を摂取することを
第一に考えるようにしましょうね。

 

 

とはいえ、どうしても体重が気になってしまうのが女性というもの。

 

そのような人は、妊娠中の体重の推移や食事管理法などを予め予習しておくことで、
母体への負担が極力かからない体重コントロールが可能になるかもしれません。

 

まず、妊娠中に体重が増えるのは至極当然のことであり、ある程度は許容する
姿勢も大切だということを念頭に置いておくことが前提です。

 

というのも、お腹の赤ちゃんを成長させるためには大量の糖質が必要になるからです。

 

 

そして、この糖質を生成するために必要になるのが脂肪なのです。

 

ですので、妊婦の体内はホルモンや血糖値の影響により、
脂肪が付きやすい体質になっていくのが自然なことなんです。

 

また、妊娠すると胎盤が大きくなり体内を流れる総血液量も増えるので、
その分もそのまま体重に上乗せされます。

 

さらに、胎児の成長に伴い身動きの取りにくい身体になっていきますので、
運動量が低下することも体重の増加を加速させているといわれています。

 

 

妊娠中の体重の増加は、どのぐらいが適正範囲なのかというのは、
現状では病院によって目安が異なるというのが実際のところですが、
だいたい10キロ前後程度が大まかな目安となるようです。

 

もしも極端に体重が増えてしまった場合には、軽く運動したり
食生活に工夫を加えてみるのもいいかもしれません。

 

妊婦の運動の基本はウォーキングです。

 

母体への負担がかからない程度の運動は体重増加を抑制するだけでなく、
ストレス発散にも効果を発揮します。

 

公園まで散歩する習慣をつけるなど、意識的に身体を動かす時間を持つように
心掛けることができたらいいですね。

 

食事は脂肪の少ない野菜中心のメニューがいいでしょうね。

 

また、夕食を食べる時間を早くすることは、できるだけカロリーを消費した状態で
眠りにつくことになるので、ダイエットにはとても合理的な方法だと思います。

 

関連ページ

酵素の働きについて
ブラックチェリースムージーはどこに売ってる?通販?ドラッグストア?ブラックチェリースムージーの販売店を紹介します!